アロマドロップ式アロマディフューザーの正しい手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いろいろな種類があるアロマディフューザーの中でも、アロマドロップ式は水を使わずに広い範囲にも香りが強く拡散されるため、広い空間などにも様々な場所で使用されることが多くなってきています。

水を使わないため手軽に使用できるアロマドロップ式ですが、お手入れ方法がよくわからずにそのまま使い続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、アロマドロップ式アロマディフューザーの正しいお手入れ方法についてご紹介します。

 

その手入れ方法間違っていませんか?

アロマドロップ式は水などを使う必要がないため手軽に使用されている方が多いと思います。アロマオイルさえ入れておけば香りが広く拡散して便利ですよね。

とはいえお手入れ方法がよくわからずに使い続ければ、香りが混ざってしまったり、アロマオイルの成分が付着して固まってしまったりと、困った経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ディフューザーを長持ちさせるためにも、そんなお悩みを解消ししっかり正しく定期的なお手入れを心掛けるようにしましょう。

 

アロマドロップ式アロマディフューザーの手入れで気をつけるポイント

アロマドロップ式のディフューザーは水を使わず、アロマオイルだけを入れて使うため、とても濃度が濃い状態です。そのため精油成分が内部に付着しやすく、そのまま長く放置してしまうと精油成分が固まってしまい汚れの原因にもなってしまいます。そこで定期的なお手入れが必要となりますが、ディフューザーグラス部分はガラスでできているものが多いため、取り扱いには十分注意をしてお手入れをしてください。

 

アロマドロップ式アロマディフューザーの正しい手入れ方法

  1. ディフューザ―グラスの部分をゆっくりと本体から外す。
  2. グラスに残っているアロマオイルをティッシュや布などでしっかりとふき取る。
  3. グラスの中に市販の無水エタノールを入れ(少量で大丈夫です。)グラスを振って全体に行き渡らせる。
  4. その状態でディフューザーの本体にセットし、通常の運転を行う。
  5. 約15分運転を続け、止めた後に中の無水エタノールを捨てて、しばらく(約1~2時間)放置し内部を乾燥させる。

 

まとめ

精油成分を効率よく拡散させてくれるアロマドロップ式アロマディフューザーだからこそ、純度の高いよい香りを長く楽しむためにも、ぜひしっかりお手入れをして気持ちよく使ってくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket