未分類

お気に入りのアロマオイルをきちんと収納!おすすめ収納ケースまとめ

気がついたらアロマオイルが引き出しの中にいくつか転がっている、なんてことありませんか?横にして万が一漏れてしまったりすると大変です。お気に入りのアロマオイルを大切に保存できて、今使いたいものがすぐに見つかる便利な収納ケースがあるといいですよね。ここではそんなおすすめの収納ケースをご紹介しましょう!

続きを読む

初心者必読!エッセンシャルオイルを選ぶときに大事な◯つのポイント

1.精油とエッセンシャルオイルは違うもの?

アロマテラピーに興味を持ち出して、目にする言葉にはたくさんの同義語があります。
また、逆に同じように使われている言葉で、まったく違う物を示しているものもあります。
エッセンシャルオイルとは、植物の根、茎、花、種などから抽出した、天然の揮発性芳香物質が含まれている有機化合物のことを言います。
そして、それを日本語にしたものが精油なのです。
精油=エッセンシャルオイル、アロマオイルやフレグランスオイル(芳香油)とエッセンシャルオイルは異なるものですので、気をつけましょう。

2.エッセンシャルオイルを選ぶ前に

エッセンシャルという言葉は、「本来の性質にかかわりのあるさま、本質的」と解説されています。
したがって、本物の植物同様どころか、さらに濃縮されているのです。
それに対して、アロマオイル、フレグランスオイルと呼ばれるものは「良い香りのオイル」という総称であって、香りさえついていれば中身が何かは問題ないのです。
エッセンシャルオイルを選ぶ前に、何を目的に買うのか考えてみましょう。

アロマの目的に合わせて選ぶ

「アロマ」という言葉は良く聞きますが、その範囲は良い香りを嗅ぐというものから、海外では代替医療として医師が処方するというものまで幅広いものです。
それぞれの目的に合わせて、選ぶエッセンシャルオイルは違ってきます。
例えば、夏に人気の「虫除け」ですが、手作りキャンドルを庭仕事の最中に焚いておこう、という場合に高品質なエッセンシャルオイルを選ぶ必要はないかもしれません。
しかし、赤ちゃんや小さいお子さんに塗ってあげる虫除けクリームを作る場合には、安全に使える高品質なエッセンシャルオイルを選ぶ必要があります。
その他、あまり気にせず選べるシーンでは、クローゼットやトイレを良い香りにするだけを目的としたものがあります。
よく選定したエッセンシャルオイルを使用した方が良いシーンは、感情にしっかりと働きかけて欲しい場合、セラピーとして身体の中に成分をめぐらせるために塗布する場合があります。

3.エッセンシャルオイルの選び方

では、具体的にどのように選んでいけば良いのでしょうか?
アロマオイルとして売られている様々な物を手にとって見てみると、何かしらの表記があるはずです。
雑貨、アロマオイル、フレグランスオイルと書いてある物は、合成品の香料が含まれている場合がほとんどです。
いわゆる天然の物には、精油、エッセンシャルオイルと書いてあります。
さらに、セラピーとして期待できるメディカルクラスの高品質な物では、食品添加物、化粧用油と書いてある物もあります。
それほどまでに安全性が高いということでしょう。
もちろん、それぞれの目的に合わせて選べば良いわけですが、ひとつ注意したいのは、芳香成分が人の粘膜や肺を通して体内へ取り込まれるということです。
塗るわけではないからという理由で安価な物を使わずに、できるだけ手の届く範囲で品質の良い物を選ぶことをおすすめします。

品質チェックポイント

エッセンシャルオイル(精油)と表記のある物はどれも同じかというと、厳密にはまだまだ品質に差があります。

安全性や成分などは、各メーカーそれぞれの基準で製品化していて様々です。
植物から抽出しているのだから、農薬は?
どんな場所で栽培しているの?
抽出している部位は?
と色々なチェックポイントがあります。

農薬やその他の不純物に関しては、精油として商品化された段階での検査がしっかりと行われているかどうかが大事です。

栽培の場所で、よく勘違いされるのが、自社農園というのが高品質と思われがちなことです。
エッセンシャルオイルの原料となる植物には、それぞれの植物に最適な土地があります。
ですから、本当に高品質な原料を使うためには世界各国探し求めていかなければなりません。
たった一つの原料を使ったサプリメント等で、自社農園とうたっている物は良いかもしれませんが、エッセンシャルオイルに関してはそうではないのです。

抽出部位というのは、その植物のどこを採ったのかということです。
例えにペパーミントをあげてみましょう。
一般的な認識としては、葉っぱ、茎、根どれもペパーミントですね。
しかし、アロマテラピーとして期待できる成分の多くは、葉っぱに含まれています。
あるメーカーは、葉っぱだけから抽出しているためとても品質が良い、茎も一緒に抽出してしまっているところは当然品質が若干下がります。

とても奥が深いものですね。

おすすめのメーカーは?

ここでは、以上のことを踏まえて、エッセンシャルオイルのおすすめメーカーをご紹介します。
一番にセラピーとしておすすめなのは、CPTG等級というかなり高いグレードのエッセンシャルオイルを提供してくれているドテラ社です。
かなり高品質で安全なため、一部刺激の強いオイルを除いて、直接肌への原液塗布も可能で、引用可能な物もあります。
お子様にも安心で、誰もが楽しく使いこなせる逸品です。

二つ目に、プラナロム社の精油もとても高品質です。
ただ、使いこなすのに勉強が必要であったり、インストラクターなどのお世話にならないと難しい面があり、やや難易度の高いエッセンシャルオイルです。

初心者の方が気軽にトライしてみるには、お手頃な生活の木のエッセンシャルオイルがあります。
全国的に店舗が展開されていますので、フラッと立ち寄ってみてはいかがでしょう?
気になる香りがあったら、店員さんに話しかけてみると豆知識を教えてくれるかもしれません。
ただ、原液での塗布は禁止されていますので、キャリアオイルと呼ばれる薄めるためのオイルが必要です。
そして、どの程度に薄めて使うのか、どのような場合は避けた方が良いのか、よく確認することが大事です。

4.エッセンシャルオイルの種類って?

ウッド系

まるで森林浴のような香りのエッセンシャルオイルです。
サイプレスやシダーウッドは、まるでヒノキ風呂のような香りでリラックス感たっぷりです。

フローラル系

よくご存知のローズ、ジャスミン、イランイランなど女性らしい花の香りです。
ただし、ローズやジャスミンは原料が高級な上に、抽出方法も特殊なので安価では手に入れられるはずのないエッセンシャルオイルですので注意が必要です。

ハーブ系

有名なラベンダー、ローズマリーなどハーブガーデンにいるような香りです。
それぞれに成分が異なり心や身体の助けとなってくれます。

スパイス系

料理でも使われるようなスパイスもエッセンシャルオイルとなっています。
オレガノ、ブラックペッパー、ジンジャーなど刺激の強い物もあります。

5.おすすめの香り

エッセンシャルオイルは単品でも楽しむことができますが、ブレンドすることによって、香りも変化したり、身体への作用も違ってきます。
アロマディフューザーを使ってディフューズ(拡散)する場合に、おすすめのエッセンシャルオイルをいくつかご紹介します。

明るく前向きになりたい人には

気持ちを元気にしてくれる一番のエッセンシャルオイルはオレンジです。
憂鬱な朝にも、オレンジの香りは脳が「楽しい」と勘違いさせてくれるのです。
そこに、ペパーミントをブレンドすれば、さらに明るくスッキリするのを助けてくれます。

疲れた心を癒したい人には

癒すという役目はエッセンシャルオイルの得意とするところです。

万能薬のラベンダーは心を沈静させリラックスを招きます。
ジュニパーベリーはベリーと付くものの、針葉樹の仲間で人間関係で疲れた時などにおすすめです。
柑橘系のベルガモットも落ち込んだ気持ちを癒して元気にしてくれます。

ウッド系のシダーウッドにグレープフルーツをブレンドすると、ウッド系が苦手な方でも
チャレンジできます。
深いリラックスがもたらされるでしょう。

のどや鼻の不調を和らげたい人には

呼吸器系をスーッとさせてくれるユーカリは有名ですが、そこにティートリーやペパーミント、レモンなどをブレンドするとさらに不調を助けてくれるのでおすすめです。

まとめ

アロマテラピー、エッセンシャルオイルと言っても、奥がとても深く色々な使い方や、期待できる身体への作用がたくさんあります。
エッセンシャルオイルを選ぶ際には、これが何に良いからという選び方も大事ですが、香りを嗅いで心がホッとしたり、気になる香りだったり、気分が上がったりする物を選ぶのもとても良いことです。
エッセンシャルオイルは脳にダイレクトに働きかけることができ、脳が喜ぶ香りを選べば自然に良い効果が期待できるでしょう。
苦手なエッセンシャルオイルも、何かにブレンドしてみると好きな香りに変わったりすることがあります。色々と試して楽しんでみて下さい。

集中力アップしたいあなたに!おすすめのアロマ10選

集中力をアップしたいような大事な時というのは、やらなければいけないことがある時ですよね?そんな時、アロマなら香りの効果で、安全に集中力を高めてくれます。

そして即効性を求めるならば、これから紹介するアロマオイルを、ハンカチやティッシュペーパーに落として、たちのぼる香りを嗅ぐ方法がおすすめ。この方法ならば簡単にアロマを取り入れることができますので、勉強や仕事の効率を上げる環境づくりに即役立ちます。

レモン果実のフレッシュさそのままの香りレモン

フレッシュなイメージのレモンを、そのままの香りをアロマオイルで楽しむことができます。そしてイメージ通り、頭をスッキリとリフレッシュさせてくれますので、集中したい時には是非使いたいアロマオイルのひとつ。

効果は、香りが持つフレッシュさそのもの。頭をすっきりとリフレッシュする働きがあります。そして、集中力や記憶力、理解力を高めてくれますので、仕事や勉強に集中したいときなどに効果を発揮してくれます。

清涼感あふれるフレッシュな香りのローズマリー・シネオール

古くから、ヨーロッパでは料理に欠かせないハーブとして利用されてきました。葉には、消臭作用や殺菌作用も。肉の臭みを消して鮮度を保ち、消化を促すとしてフランス料理やイタリア料理には欠かせないハーブです。

そんなスッキリとした香りが頭をすっきりさせて、リフレッシュしてくれます。集中力や記憶力を高める効果も期待できるのです。精神疲労などで気持ちに乱れがある、物事に意識を集中させることが難しいときにも効果を発揮。

リフレッシュしたいときにぴったりのペパーミント

リフレッシュ効果があるペパーミント。古代ローマでは、ペパーミントで編んだ冠が、宴会時のお酒の酔いが回っているときに良い効果をもたらすとしてかぶっていたと言われています。ガムや歯磨き粉などの様々な香りに使われているのは、メントールの香りを取り入れるため。

勉強や仕事中や気分転換したいときに、効果を発揮してくれます。頭をすっきりさせ、リフレッシュし集中力のアップの効果が期待できます。シャキッとした香りが刺激をしてくれます。

みずみずしい香りのグレープフルーツ

グレープフルーツを半分に切って見てみると分かるのですが、果実が木にぶどうのようになっています。そんな理由で名付けられたのがグレープフルーツ。学術上の名前では楽園を意味するparadiseの名前のとおり、気分を高めてくれます。

そして、みずみずしい香りが気分をリフレッシュしてくれます。会議やスピーチ前の心配や不安や緊張した気持ちをほぐして、幸福感をもたらす効果が期待できます。落ち込んだ時や前向きな気持ちになりたいときにもおすすめ。

シャープでクリアな香りのユーカリ・グロブルス

古くから、オーストラリアの先住民であるアボリジニは、「キノ」と呼んで薬草として傷を癒すのに木の葉を巻いて利用していました。非常に生命力が強く、約50mまで早く成長する常緑高木です。ギリシャ語で「よく覆った」を意味します。

香りがシャープ。集中力や記憶力を高めるのに効果的で勉強や仕事中におすすめのアロマです。そして、ネガティブな考えが頭を占領している、精神的に煮詰まっているときには頭の中を一掃して、意欲的な気持ちを取り戻してくれます。

すっきりとした草の香りとレモンを感じる香りのレモングラス

レモンのようなフレッシュで強い香りのレモングラス。実は、イネ科の植物です。古くからインドでは「チューマナ・ブールー」という別名で知られており、熱を下げる、感染症を治す、腫瘍の進行を食い止めるなどの効果を期待し利用されてきました。

そんなレモングラスは、鎮静作用があります。不安やストレス、緊張などで疲れた心を癒して、リラックス効果ができます。リラックスできたら刺激作用もありますので精神を高揚させ、活力、集中力を高めてくれます。

清潔感がありフレッシュな香りのローズマリー・ベルベノン

地中海沿岸地域に成育するローズマリー・ベルベノン。中世ヨーロッパのハンガリー王妃エリザベートが高齢で手足が痛む病気になったとき、痛み止めに使い病気がよくなった、みるみる若返ったというお話から、「若返りの水」として知られています。そんなお話からスキンケアに向いているとされ、用いられています。

意識を集中したいのに困難なときや、意欲が沸かないときなどに有効。イライラや不安で心が傷つきやすくなっている、精神疲労で心が乱れている、そんな心を安定させてくれます。

清潔感のあるフレッシュな香りのローズマリー

ローズマリーという名前はラテン語。「海のしずく」という意味のロスマリヌスに由来します。そして「若返りのハーブ」「記憶のハーブ」や、ヨーロッパの歴史から「聖母マリアのバラ」という別名も持っています。

アロマの効果は朝からテンションを上げるのにぴったり。精神疲労や自信喪失したときには、心をリフレッシュさせてくれるだけではなく、やる気や自信を回復してくれます。その他にも無気力や憂うつ、集中力アップや記憶力向上にも効果的です。

即効性を求めるならライムとローズマリーをブレンド

ライム:

ローズマリー:

集中力を上げる効果を高めるために、アロマオイルのブレンドもおすすめです。それぞれが持つ効果を一緒に取り入れることが可能になります。ブレンドしたら、持ち歩いているハンカチかミニタオルにオイルを数滴落として香りを嗅ぐと、その場で集中力を高めることができます。

ブレンドするアロマは、ライムとローズマリー。不安な心をリフレッシュして、活気を与えてくれるライムと、脳細胞を活気づけるローズマリーが効果を発揮します。

その場全体の集中力を上げるアロマブレンド

レモン:

ローズマリー:

ローレル:

会議室や教室など、多くの人が集まるその場全体の集中力を高めたいなら、このブレンドがおすすめです。
それは、レモンとローズマリーとローレルブレンド。ディフューザーを使って、このブレンドしたアロマオイルを拡散すると有効です。

レモンは、頭をすっきりさせてくれ、ローズマリーは脳細胞を活気づけてくれます。そしてローレルは刺激作用がありますので、これらをブレンドすることで頭をすっきりさせて、集中力を高めてくれるのです。

まとめ

集中力を高めたい時には、まず不安やいらいらする気持ちを鎮めてあげる必要があります。上記に紹介したアロマはそういった気持ちを鎮めてくれる効果があります。

集中したい大切な勉強や仕事、会議のときにアロマを使ってみてはいかがでしょうか?気持ちがすっきりして目の前のことに集中して向かうことができますよ。

おじいちゃんも喜ぶ!?クリスマスプレゼントにおすすめのアロマディフューザー9選

いつでもどんな時でも、孫に優しくしてくれるおじいちゃん。そんなおじいちゃんに普段の感謝の気持ちをこめて、アロマディフューザーをプレゼントしてはいかがでしょうか?

香りで癒されるのはどの年代の方も一緒です。おじいちゃんが好きな香りを選んで、自分と香りをリンクされてみては?

おじいちゃんの好みもしっかり考えた、アロマディフューザーをセレクトしました。

「おじいちゃんだって癒されたい」そんな願いをクリスマスに叶えてあげられるアロマディフューザー9選です。 続きを読む

クリスマス目前!年頃の娘へのプレゼントに 絶対ハズさないアロマオイル10選

少しずつ寒くなり、今年もクリスマスの足音が近づいてきました。年頃の娘をお持ちの方は、喜ばれるような贈り物をしたいですよね。ということで、今回は女性からの支持が高い「アロマオイル」に焦点を当ててご紹介していきます。最近あまり話さなくなった、もしくは衝突が増えた娘さんでも、これならきっと喜んでくれます。信頼回復のチャンスですよ!

続きを読む