アロマテラピーには色々な方法がありますが、安心して始められる方法のひとつにディフューザーを使うというものがあります。

ディフューザーとは、日本語にすると「散布・拡散するもの」といった意味があります。その名の通り、アロマオイル(精油)を室内や・車内などの空間に拡散することができます。

では、どのような物があるのでしょうか?

タイプは大きく分けて、3つに分けることが出来ます。

  1. 熱も電気も使わないもの
  2. 熱を与えて蒸発させるもの
  3. 電気を使って超音波によって拡散するもの

 

熱も電気も使わないアロマディフューザー

細いスティック形状のものに精油を染み込ませて置くだけのリードディフューザー、シートに垂らした精油を手のひらサイズの扇風機のようなファン式ディフューザーがあり、手軽・安価で便利ではあるものの香りは広がりにくいという特徴があります。
 

熱を与えて蒸発させるアロマディフューザー

キャンドルに火を点けて水に垂らした精油を温め香らせるアロマポット式、コンセントに差し込んで熱を加えるコンセント式があります。こちらのメリットは、香りはとても広がりやすい点、デメリットは安全確認が必要なこと、精油が加熱によって変化してしまう可能性があります。ペットや小さなお子さんの手に届く場所には、決して置いてはいけませんので、注意が必要です。
 

電気を使って超音波によって拡散するアロマディフューザー

超音波式ディフューザー、原液で使えるネブライザー式・ポンプ式があります。最も効果的で安全なのが、こちらのタイプです。

ネブライザー式はガラス管を使っていますので少々気遣いが必要です。ポンプ式は、とても濃い香りを飛ばすことができる一方で、ポンプ音が大きいので静かな環境で使いたい方は避けた方が良いでしょう。

超音波式ディフューザーは、タンクに水と精油を入れて超音波によって細かい霧を発生させて香りを拡散できます。選ぶ際には、超音波の振動数の多いものを選ぶと分子の細かい霧によって吸収率が高まり効果的です。

価格は色々ですが、香りだけでなく、体や心の様々な助けをしてくれる精油を拡散するためには、安価な物を選ばずにある程度品質の良い物を選ぶようにした方が良いでしょう。
 

はじめてアロマディフューザーを買う人は

アロマディフューザーのタイプには色々なものがあり、数百円の物から数万円を超える物まで価格帯も様々です。

では、はじめてアロマディフューザーを買う人はどのようなことを検討したら良いのでしょうか?まずは、目指すアロマテラピーのスタイルを考えてみましょう。
例えば、

「芳香剤的な感覚で香りを漂わすことができれば良いのか?」
「粘膜から精油の成分を吸収させることによってセラピー効果を期待したいのか?」

によって選ぶべきディフューザーは異なってきます。

芳香剤的な感覚でお使い頂くのが目的であれば、さほど高価なものは必要ないかもしれません。具体的に言うと、熱も電気も使わないリードディフューザーやセラミック、石膏に垂らして香らせる物が気軽で良いでしょう。香りが弱いと感じた場合には、コンセント方式のアロマポットを選んでみてもいいかもしれません。

一方で、ある程度高品質な精油を使ってセラピーとして楽しみたい方は、多少の投資をしてもネブライザー式か、振動数の高い超音波式を購入することをオススメします。

雑貨屋さんなどで売られている安価な超音波方式の物は、見た目には同じく霧のようなものが出ていることには変わりはないのですが、振動数が低い場合が多く、霧が細かくないため粘膜への吸収に期待ができません。

 

アロマオイルの選び方も大事

はじめてディフューザーを選んだ後に、「どの精油を使えば良いのか?」と悩むこともあるかもしれません。

まず、アロマオイルというのは「良い香りのオイル」と訳せるほど、とても広い範囲の物を指す言葉になっていて、そのグレードは様々です。言葉に惑わされずに自分の求めているものを選ぶことが重要です。

今では百円均一のショップにも置かれているアロマオイルですが、安価な物は単に良い香りのするオイルであって合成品であることがほとんどです。雑貨屋さんでも天然成分のアロマオイルが置かれていますが、原料にその物が使われていれば天然と言えます。

その次に良いグレードに、オーガニックがあります。この言葉はかなり良い物を指しているように思いますが、アロマテラピーの世界には、もっとこだわった上のグレードが存在します。オーガニックは、そもそも有機栽培を意味しており、その基準は国によっても異なります。
なかには、オーガニックのアロマオイルでも、製品化された段階で厳しいチェックをすると農薬等が検出されることもあるようです。

では、安心して使える、セラピーとして期待できるアロマオイルは何かというと、メディカル等級、セラピー等級といわれる精油(エッセンシャルオイル)がそれに当たるでしょう。

この等級は、天然はもちろん農薬や化学残留物が混入されていないか厳しいチェックをクリアし、さらに、成分としてセラピーが期待できる数値に達しているかどうかアロマオイルでないと製品化されておりません。

せっかく質の良いディフューザーを購入したのに、質の低いオイルを使ってはもったいないですよね。その逆も然りで、高品質のアロマオイルをディフューザーによって台無しにしてしまうこともあるのです。

ディフューザーの種類とアロマオイルの選別は、このように自分のスタイルや目的から選ぶことが大切なのです。